2013年09月01日

月1回ですが成人病センターの当直をやっています。

成人病センター.jpg

月1回ですが成人病センターの当直をやっています。

成人病センターの常勤医が6人から4人に減らされてしまったことを
契機に平成24年4月から当直に入って成人病センターに協力をしています。

前回当直の8月20日(火曜日)は
午前8時〜午後6時までファミリークリニック希望で勤務して、
(その日の昼休みは、たったの5分でしたので、ほぼ連続10時間勤務)
午後7時〜成人病センターの当直に入りました。

午後7時〜12時まで、ほぼ、ひっきりなしに患者さんが来ましたが、
半分以上の患者さんは日中から症状があり
医師のコンディションが悪く、看護師などのスタッフが足りない夜間に
来院しなくてもよい患者さん達でした。つまり、
日中に来院しておくべきであった患者さん達でした。

午前0時〜5時もちょこちょこ患者さんがあり、

午前6時半頃、重度の意識障害、呼吸障害の患者さんが
電話連絡から2分で搬送されて来た時は、私の心身は、かなりキツイ
状態になっていました。

疲労度が大きいと判断力も注意力も落ちますので
医療ミスを起こしやすい状態になります。

ファミリークリニック希望の場合は
水曜日AMを医師の研修&管理職業務などのために休診にしているので
少し休息をとってから21日水曜日PMの外来に臨めましたが、
多くの勤務医は当直明けの次の日はAMもPMも、下手をすればPM8〜10時まで
連続36時間勤務になっている日もあります。

成人病センターの場合、夜間は放射線技師や検査技師もいません。
(どうしても必要な場合は自宅からの呼び出し)
看護師さんの人数も少ない状態です。


コンビニエンス・ストアのように24時間いつでも同じ品質の医療が提供できると
便利だと思いますが、今の医療事情では実行できないのが現実です。

この事を市民の皆さんにも理解して頂きたいと思います。


安易に午後5時以降は病院を受診しない事。
できるだけ日中に受診しましょう。
症状が重い場合は、翌朝まで我慢していると手遅れになることもあるので
夜間でも受診しましょう。

結論:夜間救急外来は、メリハリのある利用のしかたが大切です!!!



注釈:成人病センターは、旧木造町の町立病院です。
平成の大合併によって、つがる市立病院になり、現在は
広域連合立成人病センターになっています。

写真は非勤務日に撮影しました。

posted by famicli at 21:53| 院長BLOG

プライマリケア連合学会東北支部学術集会(青森市)

pc学会東北支部会.jpg

8月31日、9月1日は
プライマリケア学会の東北支部学術集会(青森市)
に参加しました。

青森県のみならず東北では
プライマリケア連合学会に所属して生涯学習に励もうとする
本格的な?家庭医・総合医は少ないのですが
それでも100人集まりました。

東京、大阪まで出向かなくても
青森〜仙台くらいで勉強できる時代は遠くない?!?

ワークライフバランスを考えると大変嬉しいことです!!!!


隣村診療所の代診が先週水曜日まで続いたので(お疲れモ−ド)
学会に参加するのが、ためらわれましたが
頑張って参加してみたら新しい知識を得ることができたり
復習になることも多かったです(o^。^o)

何より たくさんの同志が東北各地で頑張っている姿を
眼のあたりにしてエネルギーをもらいました(^^♪
特に被災地である宮城沿岸部から参加のDr2人の印象が
強かったです。

高校の同級生と約30年振りに再会することもできました(o^。^o)
(彼は東北大学病院で頑張っていました!)

川崎医大総合診療部時代に教えを頂いた(上司)葛西龍樹先生にも約15年振りに
お会いすることができました。
相変わらずエネルギッシュでした。さすが葛西先生!!!!


〜〜〜プログラム〜〜〜
シンポジウム「連携で開く東北の医療の未来」
 福島県立医科大学 地域・家庭医療部 教授 葛西龍樹
 浅草薬剤師会
 プライマリ・ケア薬剤師認定制度委員会委員 坂口眞弓
 青森中央短期大学看護学科 栗野ヤヱ子
 青森県歯科医師会元常務理事 石要歯科 小西史人
 訪問看護ステーション ケアポートみさわ 船場 洋子
    
第1分科会 レジデント・ブートキャンプ〜デキレジを目指す研修医の1日〜」
        東北若手医師ネットワークTwin
第2分科会「多職種連携による疼痛治療戦略」
        六ヶ所村尾駮診療所 小林只 他
第3分科会 プライマリ・ケア レクチャー「糖尿病の今日の治療戦略」
        今村クリニック 今村憲市
第4分科会「エビデンスに基づく薬物治療」
        十和田湖診療所 米田博輝
第5分科会 家庭医後期研修プログラム責任者と指導医の集い
        福島県立医科大学 地域・家庭医療学講座 菅家智史
posted by famicli at 20:26| 院長BLOG